データを消さずにiPhoneの容量を大回復!これは目から鱗だった

[`evernote` not found]
Pocket

こんにちは、anirudoです。

今僕が使用しているiPhone5cですが、 友達に32GBを注文したんだけど、彼間違えて16GBを送ってきたんですよね…
その影響で、最近ストレージ容量が圧迫されているので、音楽消そうか、アプリ消そうか、写真消そうか、やきもきしているところでした。

しかし!なんとそんな悩みをかき消すかのように、容量を増やせる方法があるとのことで、実際にやってみました!

さて、ひとまずiPhone上で容量を確認してみると…
iPhone容量before

なんと使用可能容量は1.1GBのみ…

 

ということで早速やってみよう!

1.まずiTunesに接続
スクリーンショット-1やっぱり、残容量は1.1GBほどでした。

 

2.バックアップを取る(これ大事です!)

スクリーンショット-1−2 「いますぐバックアップ」から、iPhoneのバックアップを取ってください。
もう一度言います。
「いますぐバックアップ」から、iPhoneのバックアップを取ってください。
これ忘れて作業を続けると、死亡です。

 

3.復元
さて、今回の作業のメイン、復元です。
スクリーンショット-1-3 もう一度バックアップを取ったか確認をして、
ポチッと「iPhoneを復元」をクリック!!

すると
スクリーンショット 2014-03-18 23.17.37 確認画面が出てくるので、もっかいボチッーー!

ってすると、復元が始まります。

ちなみに、iPhoneを探すがオンになっていると、オフにしてくださいって言われるので、
Untitled-2 iPhoneの設定>iCloud>iPhoneを探す をオフにしてください。

 

4.待つ
ひたすら待つ。
端末の状態にもよりますが、数十分から数時間かかることもあります。
寝る前とか、余裕があるときの方がいいかもしれません。
このとき、パソコンからは取り外さないようにしてください。

 

5.バックアップから復元
復元が修了すると、こんな画面が出てきます。
スクリーンショット 2014-03-14 16.48.10 すかさず、「このバックアップから復元」を選んで、続けるをクリックしてください。
かならず、「このバックアップから復元」を選んで、続けるをクリックしてください。
新しいiPhoneから復元を選択してしまうと、非常に残念な結果になります。

 

6.待つ
復元が始まるので、また待ちます。
スクリーンショット 2014-03-14 16.48.51 今回は、前回よりも短時間で終わりますが、アプリがたくさん入っていたりすると若干時間がかかります。

 

7.おしまい!
復元が終了すると、iPhoneが再起動して完了です!
おつかれさまでした!

さて、どれほどの効果があったのか、結果を見てみよう!
Untitled-3 なんと、4.3GBも容量が増えています!!
これは、とってもでかいですね。

iTunesの画面で見てみましょう。
Untitled-4-1 カテゴリ「その他」が激減していますね。

さて、この激減してしまった「その他」とは何なんでしょうか?
大切な情報であれば、容量が減っても全く喜べませんよね…

「その他」とは、エラーで同期が中断した時に壊れたデータ・Safari などのアプリで使う一時ファイル・アプリが作成したデータなどのことを指しているようです。

実際に、各アプリのサイズが小さくなっているのがわかります。
Untitled-3-1長く使っていると、「その他」はどんどん溜まっていくようです。

たまにはこの方法で、iPhoneをリフレッシュさせてみよう!

[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください